塩釜寿司業組合
HOME お店紹介 観光案内 イベント情報 クーポン マップ

旬鮮情報 旬のネタイメージ

魚介の宝庫三陸沖
その三陸沖で獲れた新鮮な魚が
豊富に水揚げされる日本屈指の塩釜魚港
寒流の親潮と暖流の黒潮が交差する三陸沖は、世界三大漁場の1つとされ豊かな漁場が広がっています。
この豊かな魚場に抱える塩釜魚市場は、一年を通して豊富な種類の魚が水揚げされ賑わっており、特に生マグロは全国でも有数の漁獲高を誇ります。中でもメバチマグロは「三陸塩竈ひがしもの」として
ブランド化し、近年人気を集めています。
塩釜魚市場
次々と水揚げされるまぐろ。多い日では一日あたり500トン以上の水揚げがあり、プロの目利きによって威勢のいい掛け声とともに競り落とされていきます。
毎朝、生きのよい魚介類が水揚げされる塩釜水産物仲卸市場。
市場には、日本有数の水揚げ高を誇るマグロやカツオをはじめとし、カレイ、さんま、さばなどの鮮魚、また日本各地からだけではなく、世界からも様々な種類の魚が集まり、鮮魚の他にも加工品、珍味などの食材が揃っています。


プロの料理人が厳しい目で品質を見極めます
広い市場内には、約360店舗が軒を連ね常に活気に満ち溢れています。新鮮な魚介類がすべて卸値で買えるので、毎朝地元の人々や沢山の観光客で賑わいを見せています。
また、割烹や地元寿司店の店主など魚に厳しいプロの料理人も訪れ、素材を厳選し買い付けを行っています。こうして、熟練の目利きで選んだ新鮮な素材が寿司ネタとなり、価値ある本物の美味しさが味わえるわけです。

塩釜水産物仲卸市場


「三陸産 ほや」

「七ヶ浜 ガゼウニ」

その他、四季折々の旬の味覚が水揚げされます。
他にも、春には、ひらめ、まこがれい、まだら・かに、かつお、こうなご。
夏は、全盛期を迎える、かつお、さば、ほっき貝、まぐろ、いわし、ほや、そして、うにやあわび。
秋は、代表格の、さんま、たら、さば、戻りかつお、たちうお、ひらめ、かれい。
冬は、たら、きんき、かき、まあじ、あんこう、なめたがれい、毛ガニなど、四季折々の海の味覚が堪能できます。






++++++++++++ 春のおすすめ ++++++++++++

◆ほっき貝
ほっき貝コリッとした歯ごたえに、磯の香りとほのかな甘みが魅力。
タウリンやミネラルなども豊富に含まれています。
宮城では山元町産が有名で、寿司ネタとして大変人気があります。



++++++++++++ 夏のおすすめ ++++++++++++
 今月のおすすめ◆七ヶ浜の「ガゼウニ」
七ヶ浜のガゼウニは、もっこりと身が詰まっていて食べ応え充分。
風味、甘味も抜群の旨さで定評があります。
 ◆松島産「アナゴ」
牡蠣同様、ブランド化しつつある松島産のアナゴは、大ぶりで程よく脂がのり身が厚いのが特徴です。
ふわっとした身のやわらかさと口の中でとろける食感をぜひ実感してください。
 ◆三陸産「ホヤ」
海のパイナップルとも呼ばれる三陸の珍味“ホヤ”は鮮度が一番!
獲れたてのホヤは甘味があり夏の味覚の代表です。


++++++++++++ 秋のおすすめ ++++++++++++

◆めばちマグロ 「ひがしもの」
初秋から、イカやサンマなどを食べ三陸沖を回遊してくるめばちマグロは、寿司職人も「旬のめばちは本まぐろ以上」と言うくらい美味です。脂ののった赤身はほのかな甘味があり高級ネタですが、旬はやはり値段もお手ごろなので、是非、まぐろ三昧で旬の味をご賞味下さい。

◆秋刀魚
秋の味覚である秋刀魚は鮮度が一番。酢飯との相性も良く地元ならではの味です。

◆三陸産帆立
これからが美味しい帆立は貝の王様です。
甘味ともちっとした食感がたまりません。

◆真アジ
多彩な料理で親しまれるアジは、人気メニューの一つです。
身のしまった奥深い味わいを堪能してください。

◆金華鯖(さば)
夏にピークを迎えるサバですが、冬に近づくにつれて脂がのった上物が水揚げされます。
鮮度の良いサバは思わず唸る一品です。

◆三陸産あいなめ
脂がのった上品な白身が持ち味の通好みのお魚です。
寿司ネタとして使うお店もありますのでチェックしてください。
◆ヤリイカ
三陸では、秋から冬にかけて旬を迎えるヤリイカは高級ネタの一つです。
新鮮なイカの歯ごたえと甘味は絶品です。


++++++++++++ 冬のおすすめ ++++++++++++

◆松島産牡蠣
松島産のカキは身がよく締まって濃厚な味わいが特徴です。
刺身、握り寿司の他にも、酢の物、鍋、焼き物などがおいしい宮城を代表する冬の味覚です。

◆アンコウ
今や高級食材とされるあんこう。特にアンキモは海のフォアグラとも呼ばれ、とも和えやアンキモのにぎりは食通にも好まれています。

◆ヒラメ
高級魚として広く知られているヒラメ。
脂がのってほど良い歯ごたえがあり、生で食していただきたい逸品です。

◆金華鯖(さば)
夏にピークを迎えるサバですが、冬に近づくにつれて脂がのった上物が水揚げされます。
鮮度の良いサバは思わず唸る一品です。
◆タラ白子
鮮度が決め手のタラ白子は、ふわっととろける舌ざわりと甘みが広がる美味しさ。
ポン酢で食べたり、ホイル焼き、天ぷら、鍋物と、冬の食卓を彩ります。

◆ヤリイカ
三陸では、秋から冬にかけて旬を迎えるヤリイカは高級ネタの一つです。
新鮮なイカの歯ごたえと甘味は絶品です。